能登上布

石川県指定無形文化財

能登上布

能登上布は、石川県の口能登地区で織られている、手織りの麻織物です。

麻織物の中でも「上布」は、最高級品に贈られる称号です。

能登上布の歴史は長く、文政元年に初めて「能登縮」が誕生し、その後改良が加えられ明治後半に能登上布と称する様になりました。

昭和初期の最盛期には麻織物の生産量が全国一を誇るまでになりましたが徐々に織元の数が減り現在では羽咋市に一軒のみとなりました。

いなとく呉服店では、この希少な能登の織物を守り、発展させて行かなくてはいけない使命があると考えています。「蝉の羽のような」と形容されるこの織物には日本人の忘れかけた地域の心が織り込まれています。

→取扱商品

→このページのトップへ


製造工程

士乎路紬

能登の手織り真綿織物

士乎路紬

能登半島は別名“士乎路(しおじ)”と呼ばれます。

この能登半島の入り口の近くで、故水島繁三郎氏によって生み出された士乎路(しおじ)紬は、昔ながらの技法に、独自の工夫を加えて創作された新しい紬です。

紬には手引き真綿の結城紬糸、染織には大島紬の草木・泥染めが色合い、光沢ともすばらしいと知り、この二つの紬のすぐれた部分を合わせ持つ作品を作りあげました。

感触がよく、しわにならず、ぴったりと体になじむものをという水島氏の長年の願望から、タンパク加工を施す事に成功、しわのよらない画期的な特徴を生み出しました。

他の織物にはない技法で、士乎路(しおじ)紬は、生地に弾力性があり、着はじめからしなやかで肌によくなじみ、洗えば洗うほど感触はさらによくなり光沢もますます冴えを見せてくるという、大きな魅力をもつ手づくりの紬です。

今も少量ながら上質の品が、水島氏夫人とお嬢様らの手で、しっかりと作り続けられています。

→取扱商品

→このページのトップへ


製造工程