【2007年12月11日】

おかたづけ

終了しました。
なんとか無事に展示会も終わり、一安心です。
これも皆様のおかげでございます。ありがとうございました。
展示会があると、どうしても母親より五代目妻になってしまうので、
息子にはかわいそうな気持ちになります。
今月は、息子の誕生月で保育所のお誕生会もあるので、
これからしばらく母親に専念したいと思います。
その分、五代目の主人に仕事は頑張ってもらうことにします。
がんばれ、五代目!
uriba2.jpg
かたづけると寂しい奥の売り場です。
ここで着付けの練習をしています。
(いなとく五代目妻)


【2007年12月09日】

親子

2人で作務衣です。
今日は日曜日の為、六代目息子は保育所が休みです。
朝から、パパと一緒に作務衣を着て「いらっしゃいませ」を言うと
張り切っています。

お一人目のお客さんに元気良く「いらっしゃいませ」と言い、
なかなかやるなと思いきや、その後は「やっぱり遊ぶ。」と言って終了。

2人で作務衣"
朝の五代目と六代目の背中。

まあ一言だけでも言えただけ成長したかな?
(いなとく五代目)


【2007年12月08日】

振袖

です。かわいいですね。
五代目夫婦お気に入りです。

振袖 大菊
大菊の模様です。

振袖 バラ
めずらしいバラの模様です。

最近は振袖の半衿や髪飾りなどもかわいい物が沢山ありますねぇ。
五代目妻の成人式(〇年前?)は今みたいに
コーディネートが出来なかったと言ってます。

冬のいなとく呉服展二日目。コーヒータイム中に書き込みしてます。
ご来店の皆様ありがとうございます。
(いなとく五代目)



【2007年12月07日】

無事に

展示会初日を迎えることができました。
朝は雷雨でどうなることかと思いましたが、
ちょっと晴れ間も出てきて、家族全員喜んでおります。
今日から三代目と四代目にも、うちのお店にきてもらってます。
さあ!お客様いつでもどうぞ!
marumaki.jpg
売り場はこんな感じになりました。
(いなとく五代目妻)


【2007年12月06日】

なんとか

売り場が展示会らしくなってきました。
だんだん時間がなくなってきて、焦り始めている五代目夫婦です。
夜ごはんを作っている時間もなくなったので、六代目の息子は四代目に預かってもらうことにしました。
たまには、いいよね?
medama.jpg
今回の目玉商品です!ちょっとふざけた感じで書いてみました。
(いなとく五代目妻)


いよいよ

明日から「冬のいなとく呉服展」が始まります。
今日は朝からバタバタと準備をしております。
毎回思いますが、「お客様来てくれるかなあ」と不安でいっぱいであります。
さあ!気合を入れてがんばります!
uribaichi.jpg
殺風景な売り場、今から陳列だ!
(いなとく五代目妻)


【2007年12月04日】

京都inいなとく五代目夫婦

昨日は久しぶりに京都まで仕入れに行ってきました。
紅葉は終わり頃でしたが、人と車でいっぱいでした。
息子がまだ小さいのでいつも日帰りで、とてもクタクタです。
早く息子が大きくなって、一泊でも出来たらなあと思う旅路でありました。
京都のおいしい漬物が食べた~い。

heiannjinnguu.jpg
いつ見ても立派ですよねえ 平安神宮

(いなとく五代目妻)


【2007年12月03日】

いなとく家の休日

日曜日に家族三人でおでかけしてきました。息子の希望でアリス館志賀まで。
偶然息子のお友達家族と出会いご一緒させたいただきました。息子のテンションは上がる一方で、「やっぱり、お友達っていいんだなあ」と、楽しそうに遊んでいる息子を見てうれしくなりました。アリス館の次に近くのフローリィ花のミュージアムにも寄り道。最近はどこに出かけてもクリスマス気分でワクワクしますね。子供達はフロアをずっと走り回ってました。そんな光景を見ていた親は風邪気味です。


furorii.jpg
あまりにもきれいなのでパチリ!
(いなとく五代目妻)


【2007年11月25日】

アイロン

今日の五代目はアイロンがけに挑戦。
店をオープンしてからは、何かとアイロンを使う事が多くなりましたが、
まだまだ慣れません。

タンスから、自分の綿のきものを出して見た所「ありゃ、たたみシワができでる。」
始末する時に気が付かなかったんです・・・失敗した。

早速シワ取りに挑戦。

絹のアイロンはなかなか難しいですが、
綿のきものなのと、自分のきものなので少し気が楽です。

アイロン


綿のきものなども当て布をするとテカリや生地を傷めるのがふせげて安心です。
そんな時てぬぐいはとても便利。マイ手ぬぐいは、からくさ文様です。

皆さん、着物をたたむ時は気を付けましょう。
(いなとく五代目)


【2007年11月24日】

白鳥の里

いなとく呉服店は能登上布の里ですが、ここ石川県羽咋市にある
邑知潟周辺は、白鳥の里です。
毎年寒くなると多くの白鳥が邑知潟周辺に飛来します。

その邑知潟の上流にある長曽川というところにも、毎年必ず白鳥がやってきます。
なぜならその場所には、毎日欠かさず餌をあげているおじさんがいるからです。
そのおじさんと話をした事はないですが、地元では有名らしです。

白鳥
女の子達が楽しそうに餌をあげていました。
白鳥が女の子達の1mもしない所まで近づいて来て
ちょっと怖がってましたが・・・。

いなとくから近くなので、たまに見に行くとなんだかほっとします。
今度、六代目息子と一緒に来ようかなぁ。
(いなとく五代目)


1| 2| 3| 4| 5| 6| 7| 8| 9| 10| 11| 12| 13| 14| 15| 16| 17| 18| 19| 20| 21| 22| 23| All pages