【2020年04月24日】

一つ身紋付の金彩加工Y.Y様

一つ身紋付のシミ、黄変のお直しのご依頼です。


お子様の百日参りにお父さんが着用した思い入れのある
一つ身紋付で写真に残したいとご相談頂きました。


2.4.24-4.JPG
パッと見は綺麗に見えますが。。。


2.4.24-2.JPG
よく見ると黄変があります。


2.4.24-3.JPG
結構根深い黄変です。


2.4.24-1.JPG
比較的軽めのシミは染み抜きをして、根深い黄変は染み抜きでは限界がありますので
シミを隠すように金彩でボカシや模様を描くと綺麗に仕上がります。


2.4.24-9.JPG
染み抜きと金彩加工が仕上がりました。


2.4.24-6.JPG
黄変がきつい所は模様とボカシを併用します。


2.4.24-7.JPG
上前は比較的汚れ残りが多いですね。


2.4.24-8.JPG
元の柄を活かすように金彩の模様を入れます。


2.4.24-10.JPG
一番目立つメインの模様部分は念入りに。


2.4.24-5.JPG
あまり金彩加工を多く施すと元の雰囲気が変わってしまいますので
ある程度目立つ黄変までの金彩加工にすると違和感なく仕上がります。


着物のお直し、金彩加工ご相談下さい。
(いなとく五代目)