【2012年08月06日】

柄物の男前ゆかた

先日いつもお世話になっている男性のお客様が
「男性も女性みたいな柄物のゆかたでオシャレに着たいねぇ」
と話をしていたら、ご一緒されていた女性の方が陳列されている
女性用の反物を見て「これで男物に仕立ててみたら?」と。


男性の方は「う~ん」としばらく悩んで「よし!挑戦して見よう!」と
なり後日、男物に仕立て上ったゆかたをお披露目して頂きました。


H24.8.4 1
こちらが白地におもちゃ柄のゆかた。
おおっ! カッコイイ!!


前回お買い上げ頂いた紗献上角帯と
二石鼻緒の下駄との相性もバツグンですね!


H24.8.4 2
本日の角帯の結び方は神田結びで。


ご自分で色々な結び方を研究されていて
私が教わってました・・・。


H24.8.4 3
本日もお二人でご来店頂きました!


真田紐を二本繋ぎ合わせて帯締めにしているとの事で
花の様に結んでアクセントになりますね。


男性の方のゆかたはこちらの方が縫われました。
ご自分でお仕立てが出来るってうらやましいですね。


H24.8.4 4
何やら本日の半巾帯の結び方はパタパタと折るだけで
ギュッと結んでないそうです。


最後に真田紐の帯締めで留めてあるだけとの事で
勉強になりました。


H24.8.4 5
お二人の下駄が並んでいるだけで雰囲気出ます。


H24.8.4 6
女性の方の下駄は先日お買い上げ頂いた
白木の二枚歯。


H24.8.4 7
ちなみにご持参頂いた半天を肩から掛けて頂くと・・・。


う~ん粋ですね~。
でも、ちょっと近寄り難いかも・・・。


男性の方で無地や渋い色の柄物のゆかたではなく
もっと明るめの柄物のゆかたが着たい!と
思いの方も多いのでは?


いいんです!女性の様な柄物もOKなのです!!


男性着物ファンのご参考にして頂ければと思い
ご無理を言って写真を載せさせて頂きました。


自分も何か挑戦して見たい!
何かな?・・・。
(いなとく五代目)