【2012年02月13日】

無線染めの工房

今月初めに京都へ行ってきました。


2月の京都はゆかたの受注会が行われていますので
今年も様々なゆかたを見てきました。


今回は一泊で時間の余裕があり、以前から伺いたかった
無線染めの工房に行ってきました。


24.2.1 工房1
加賀友禅などの様に柄のフチに糊を置く
技法とは異なり筆のみで模様を画いていきます。


こちらの工房のスタッフは女性がほとんどで女性目線で
仕上がる着物や帯は女性らしい気遣いがあります。


24.2.1 工房2
こちらは作家でもある社長さん。
工房では数少ない男性です。


こちらの社長さん、ご自分では言ってませんでしたが
どうやらあの上村松園氏の技を受け継ぐ方らしいです。
すごいですね・・・。


やはり作家さんだと気難しい方なのかと思いきや
私の話もこころよく聞いて下さり「今度ゆっくり食事でも・・・」と
誘っていだきました。


いやぁ~私の考えを聞いて下さり有難うございます・・・。


24.2.1 工房3
「ちょっと見ていて下さい・・・。」と
見本もないのにサラサラとあっという間の
仕上がりに驚くばかりです・・・。


こちらの工房、社長の娘さんが跡継ぎを任せられていて
今回は娘さんの作品の小紋と名古屋帯の誂えを
お願いして来ました。


染め上がって来ましたらいなとくで
お披露目させて頂きますので
お楽しみに!!


ちなみに帰りは雪の為、高速道路が一部通行止めで
一般道路が大渋滞・・・。


京都から自宅まで12時間かかりました・・・。


京都出張の皆様、お疲れ様でした・・・。
(いなとく五代目)