【2008年05月03日】

能登上布ギャラリー 縞

江戸小紋の様な万筋を能登上布で織れないかと
織元さんに相談して織って頂きました。
江戸小紋は伊勢型を使う後染めですが、
織物は先染めですので縦糸に濃い色の糸と薄い色の糸を
交互に2本ずつ整経して万筋の模様を作ります。

経糸に入れる色も試し織りをして決め、すごくいい色の
万筋が出来上りました。
能登上布 万筋 茶色 万筋 アップ
能登上布 万筋 茶色       近くに見ると細かな縞になっています。
遠目に見ると無地に見えます。
広幅の男女兼用です。
能登上布 等縞半々 黒地 等縞半々 アップ
こちらは黒地の半々の縞です。     黒の無地と等間隔の等縞になっています。
この反物は普通巾です。
いなとく五代目妻もこの黒地の半々が気に入って着ています。
(いなとく五代目)